今日もブログへのご訪問ありがとうございます!

突然ですが、女子会、大好きです。

いつまででも話していられます。笑

 

先日友達から女子会で聞いた復縁体験談、ドラマチックすぎて感動したので、こっそりお伝えしますね。

※名前は仮名です^^ (本人にも了解を取ってあるのでご安心を!)

 

2人の馴れ初め

私の大学時代からの友達、香織は30歳。

契約社員として貿易関係の会社で働いています。

彼女は英語力を上げたいと以前から話していて、そのために2年前、地域のランゲージエクスチェンジに参加しました。

そこは、外国人と日本人がペアを組み、お互いの言語を教えあうというサークルです。

そのサークルで知り合ったのがJosh。

Joshは25歳でオーストラリアと日本人のハーフです。

身長は180cmぐらいあり、細身です。

ずっとオーストラリアで育ってきたので、日本語はちょっとできる程度。

英会話学校で働いていて、休みにはバンドの練習をしていました。(ドラム担当。バンドは完全に趣味。)

 

香織とJoshは、そこでペアになり、毎週のように話していました。

普段の生活で起きたことや思ったことをお互いに伝え合っているうちに、2人はどんどん距離を縮めていきました。

そして、いつしかサークル外でも会うように。

知り合ってから3ヶ月程度で、2人は付き合い始めました。

 

不安が的中‥

基本的に二人は1週間に一回のペースで会い(Joshのバンドの練習があるので、それ以上会えなかった)、長期休暇の時はよく一緒に旅行に出かけていました。

順調に進んでいるように見えましたが、香織にはある悩みが‥。

それは、Joshがいつオーストラリアに帰るか分からないという不安と結婚はできるのかという焦り。

 

香織の予想は的中。彼は、年度末の3月でオーストラリアに帰ることになりました。

「ごめん、もうオーストラリアに帰って、やりたいことを見つけたい。

香織には香織の人生があるから、ついてくるかどうかは香織が決めていいよ。」

 

2年間も付き合ったなら、プロポーズしてほしいところですが、オーストラリアに帰っても彼は職探しから始めないといけない状況。

香織は日本での仕事も家族も友達も全部捨てて、プロポーズもしてくれない彼についてオーストラリアに行く勇気はありませんでした。

 

そして、二人は別れたんです。

 

まさかの展開

別れてから1年後、香織は彼に未練はあったものの、婚活を進めていました。

そんな中、彼の誕生日になり「おめでとう」とだけ、メールを送りました。

すると、彼から「ありがとう、最近どう?」と返信が。

二人は、しばらくメールのやり取りを続け、Skypeすることに。

久しぶりに見る彼の笑顔にドキドキが止まりません。

 

香織とJoshはその後も、ちょくちょくメールしあうようになり、冬休みの長期休暇にバリで再会することになったんです。

バリの空港で再会してから、最初はぎこちなく緊張しっぱなしだった二人でしたが、話しているうちに段々リラックスしてきて、昔のような打ち解けた雰囲気に。

そして二人は、お互いにまだ好きな気持ちを認識しあい、遠距離で関係を続けることになりました。

 

やっぱり、運命の相手とは結ばれるようにできてるんですね ^^

Josh…早くプロポーズしてあげてほしいなぁ。

★おすすめの過去記事★

復縁 体験談

復縁 体験談 遠距離

復縁 体験談 元カレ